フィンランドの気温、北欧の国はどこまで寒い?

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

北欧の国というのは、どことなく美しいイメージがあります。

オーロラ、白夜、雪・・・

雪以外は日本では体験できないものです。
幻想的で、日本に住んでいる人にとっては非日常的でもあります。


しかし、どれも寒いイメージのものばかりですね。

いくら美しくても、
あまりに気温が低くて寒いようだと大変です。


どのくらい気温が下がるのか、
ヨーロッパで最も北に位置する国のひとつ、
フィンランドに焦点を当ててみました

スポンサーリンク


国土の3分の1は北極圏


フィンランドは、
最南端の首都ヘルシンキでも北緯60度

南北に長い国で、
北部はそれよりもずっと北、北極圏に入ります


北海道札幌市が北緯43度、
沖縄県那覇市が北緯26度なので、

ヘルシンキは北海道から
さらに日本まるごとひとつぶん、
北に行くことになります


札幌の冬の平均気温が-3℃前後、
那覇で17℃前後なので、

ヘルシンキの冬の平均気温は-23℃くらい!?

フィンランド5百万人の人達って
そんなに寒い所に住んでいるの!?


そこまで寒いわけではありません


ヨーロッパは大西洋に面していますが、
この大西洋には、
赤道付近から北上してくる暖かい海流があります

この影響で北に位置していても
同じ緯度のアジアやアメリカなどの地域よりも
気温が高いのです。


首都ヘルシンキの平均気温は
冬でも-5℃程度、
夏だと15℃以上になります。

寒いことは寒いですが、
札幌に比べてそこまで極端な違いはないですね。


もちろん寒い日はかなり寒く、
南部でも-20℃や-30℃、
北部ではさらに10℃以上気温が下がります。


ですが、それを補うように、
フィンランドは暖房が発達しています

ヘルシンキでは暖房用のお湯用のパイプ
街中に張り巡らされていて、
部屋はパネル式の暖房で
自然な暖かさが得られるようになっており、

建物も断熱性に優れているので
比較的緩い暖房でも室温を保ちやすく、
快適に過ごしているようですね。


暑い夏にも備えないといけない日本家屋と違い、
寒い冬に備えやすいのかもしれません。


フィンランドの珍しいもの


ついでですが、
フィンランドある面白いものをいくつか紹介します。


「北極圏のすぐ側にあるマクドナルド」

北部にある都市、ロヴァニエミにあるマクドナルドは
北極圏からわずか数km

かつては世界最北のマクドナルドでしたが、
さらに北にあるマクドナルドがロシアに出店したため、
現在は2位に。


「サンタクロース村」

これも北部のロヴァニエミの近くにあります。
アミューズメント施設。

絵本で描かれるようなクリスマスの風景
実際に再現されています。


「通信機器メーカー、ノキア」

フィンランドは携帯電話先進国。

ノキアは2012年にサムスンに追い抜かれるまでは
世界トップの携帯電話メーカーで、
現在でも世界有数の携帯電話企業です。


地図を見ると、フィンランドは
果てしなく北にありますが、
さまざまな魅力にあふれた国ですね。

心配だった寒さも
そこまでひどくはないようですし、
海外旅行の候補地としても
いいかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ