ホーチミンの治安って実際どうなの? 海外旅行での基本的な注意点

ベトナム料理、ベトナム雑貨など、
ベトナムという国は日本人には馴染みの深い国です。

もっとも、馴染みが深いといっても、
実際のところ、どんな国なのか、
多くの人にはイメージが湧きにくい国でもあります。

特に治安面では、
多くの観光客が行っている国だから大丈夫だろうとか、
東南アジアの国はなんとなく不安とか、
いろいろとイメージが先行してしまいがちです。


漠然としたイメージや印象だけで物事を判断するのは失敗のもと。
そこでベトナムの最大都市であるホーチミンを中心に、
治安に関する情報を調べてみました

スポンサーリンク


ホーチミンの治安はそんなに悪くはない


東南アジアの国々は
まだまだ情勢が不安定なところも多いですが、
ベトナムの治安は比較的良いようです。

ホーチミンも、安全な街とまでは言えないものの、
特別危険な都市ではないです。

ただし日本に比べると犯罪は多いので
そこはやはり注意が必要です。

では結局のところ安全なのかそうでないのか?
主だった注意点は次のものです。


そもそも日本より安全な場所はほとんどない


海外旅行に行く以上、
日本にいる時と同じ感覚で街をぶらぶらとするのは大変危険です。

旅慣れた人にとっては当たり前のことかもしれませんが、
実際には無防備なまま行動してしまう人が多いようです。

何も考えていないと、あっさりと犯罪被害にあうので、
海外は「治安が悪い」という印象になりやすいです。

まずは旅先で浮かれてしまわないよう、
慎重な行動を心掛けるのが基本ですね。


ホーチミンではスリとひったくり、詐欺には注意


ホーチミンの治安の話になるとよく出てくるのが
「スリ」と「ひったくり」です。

スリは人の多い場所、
ひったくりは反対に人気の少ない場所で多発します。

これは日本でも同じですが、
対策は日本の常識とは少し違うので注意が必要です。

日本でのひったくり対策といえば
バックをたすき掛けにして
車道と反対側にもつというものでしょうが、

海外ではバッグのたすぎ掛けは
バイクに乗ったひったくり犯に遭遇したとき、
引きずられる恐れがあって危険なので、

貴重品はバッグに入れず、
ウエストポーチなど体に固定するものに入れ、
上着やシャツの下に隠すのが基本ですね。
スリの対策も同じです。

もちろんどちらも周囲に気を配り、
スキを見せないことが大事です。


また、詐欺被害は路上で声をかけてくるケースが多いです。

日本でならイキナリ声をかけてくる人は
普通は怪しいと思いますし、
ましてや海外で知らない人に付いていくなんて
危険極まりないということは、
常識で考えても分かりそうなものですが、

実際に海外にいると
非日常的な解放感からそういった感覚が麻痺しやすいので
十分に気を付けましょう。


こうして述べると
ホーチミンでの注意というよりは、
海外旅行での基本的な注意ですね。

こういったことからも
ホーチミンは他の海外の都市に比べて
危険が大きいわけではないとは思いますが、
こういった注意が身についていない人は
特に意識したほうがいいでしょう。


政治情勢は?


ホーチミンはかつてはサイゴンという名前の都市
ベトナムが社会主義国家になった時に、
当時の指導者の名前をとって現在の名前になったのは
有名な話です。

ベトナム戦争の印象も強い国ですが、
現在のところ情勢は安定しているようです。

ただ、ホーチミンは急激に発展している都市なのと、
社会主義国家という点から
日本の常識や感覚が通用しない部分もあるので
現在の状況を調べておく必要はあるでしょう。

外務省の海外安全ホームページに情報が載っています。
http://www.anzen.mofa.go.jp/


海外の情報、特に治安に関しては、
イメージが先行したり、
行った人の個人的な体験のみが大きく印象に残りがちです。

もちろんそういった体験にもとづく情報は
大変貴重なものですが、
一方で偏った情報に惑わされることのないようにするのも
重要なことですよね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ