食あたりと食中毒の症状、こんなケースもあるので注意!

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

さっきまで何事もなかったのに
急に体調が悪くなって動けなくなってしまうものといえば、

食あたり・食中毒とインフルエンザ

ホント、このふたつはいきなりやってくるので
勘弁してほしい。
こっちだっていろいろ予定があるのに、全部パー。


ただ、インフルエンザは症状がはっきりしているので、
否応なしに休むことになるのですが、
食あたりや食中毒というのは、微妙なときもありますよね。


ノロウィルスのように激烈な症状の場合は
どうしようもないので休むしかないですし、
周囲にだって数日休んだ後の、げっそりした顔が証明してくれます。
嬉しくはないけど。

しかし軽い食あたり程度で、
ちょっとお腹が痛いなあ、ぐらいの症状だったら
これがなかなか判断がむつかしいことも・・・。


腹痛って、つらい時はつらいし、
深刻な病気の場合もあるわりに、
「お腹が痛いから休みます」って、
なんか小学生みたいじゃないですか。


ですが無理しても回復が遅れるので
この辺りは結局自分で判断するしかない、

そのために食あたりや食中毒にどんな症状があるのか、
他の病気が原因のこともあるのか、
このあたりを知っておきたいものです。

スポンサーリンク


このような症状も


腹痛・嘔吐・下痢は症状の代表選手なので
こいつらが来たら誰でも食あたりや食中毒を疑うのですが、

熱が出たり寒気などが現れる場合もあり、
そうなると風邪かも、とか考えてしまうわけです。


激しい嘔吐や下痢が続くような状態でなくても
なんとなく胃がムカムカする、お腹が張った感じがする
といった程度の症状の場合でも、食あたりを疑ってみるといいでしょう。


また、自然毒が原因の場合(毒性のあるキノコなど)、
めまいや手足のしびれなどの症状もあります。


よく分からない場合、ほとんどの人が
「さっき何を食べたか」を考えるかと思いますが、
食あたりや食中毒の潜伏機関は
1時間以内~1週間以上と、意外と幅があります。


刺身やカキを食べたあとだったりすると
まずそれが怪しいと疑ってしまうものですが、
推理小説のように実は犯人は別だった
ということもありえますので、判断には注意が必要ですね。


私自身、軽度の食中毒の状態だったにも関わらず、
医者に言われるまで気づかなかったこともあります。

もともと風邪などで体調がよくない、普段から下痢しがち、
といった人が軽めの食あたりになっても
青い壁に青ペンキを塗られたようなもので、分かりにくいんですよね。


いつもとちょっと様子や症状が違う場合は注意が必要でしょう。


こんな病気の場合も


逆に、食あたり、食中毒だと思っていたけど
違う原因だった場合もありえます。


腹痛・嘔吐・下痢などの症状をだす病気は、主に次のもの。

急性胃腸炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・尿管結石・虫垂炎・肝炎
風邪・クローン病・肝臓病・寝冷え・薬の副作用・過敏性腸症候群
飲みすぎ・めまい・急性胃炎・脳卒中・がん・ストレス


ほかにもまだまだあって、キリがないです。
体調悪い時にこんなに病名並べられると
ますます病気になりそうですが。

休んでいればそれでいいものから
すぐに治療しないと危険なものまで、さまざま。



現実問題としては、ちょっとした症状で
これらの病気をぜんぶ疑っていられないものですが
そういうこともありうる、
ぐらいは思っていたほうがいいでしょうね。


私の経験ですが、後輩が仕事中にお腹痛いと言い出して、
まあ、この人はいつもどこか調子悪いようなことを言っていたので
あんまり相手にされていなかったけど、
いざ病院に行ったら盲腸だった、ということもありました。

油断は禁物ですね。


スポンサーリンク


病院に行くかどうか


食あたりや食中毒の症状が出たら
それはもう病院に行くのが一番です。

ですが、実際に下痢や嘔吐に見舞われたときって、
あの、まあ、しんどいじゃないですか。

なので心のどこかで
「休めば治るんじゃないか」
とか希望を持ったりしちゃうんです。


ただ、大抵の場合、行ったら行ったで
多少なりとも症状が楽になる場合がほとんどですから、
どっちか迷ったら、なるべく行くのがいいでしょう。


また、自分自身でなく家族などが体調を崩した場合は
当然その人から症状を聞くわけですが、

前述のような、
いつもどこか悪い言っている人や、
反対に病院嫌いで我慢しちゃう人
もいますよね。

それでも、普段の言動から先入観を持ちすぎると
判断を誤ることになりやすいので
出来るだけキッチリ話を聞いてあげてくださいね。


迷ったら、病院に電話して相談してみるのも手です。

放置して長引かせてもいいことなんてないので
できるだけ早めに対処するのが一番です。


あと、食あたりと食中毒の違いが気になった方は、
こちらもご覧くださいね。
食あたりと食中毒の違いはコレ!

まあ、そこまでの違いはないのですが、
多少はニュアンスは変わります。


あと、予防についてはこちらです。
予防について大事なことはこちら

当たり前ですが、
初めからかからないほうが
いいに決まってますからね。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

価格.com 自動車保険

コメントを残す

このページの先頭へ