ボサノバ定番の名曲マシュケナダ、意味とオリジナルの作曲者は?

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

音楽の好みはひとそれぞれで、
なかなか人とは合わないものですよね。

中でも難しいのが世代による違いです。


マシュケナダはボサノバ定番の名曲のひとつで、
かつて大ヒットしました。
年配の方でもわりとよく知られていながら、
いま聴いても色褪せていないです。


独特のピアノのイントロで始まる、
セルジオ・メンデスのアレンジが有名ですね。

程よいテンポで聴きやすいのですが、
何回も聴いていると段々気になってくるのが

「マシュケナダって何?」

というもの。

ボサノバは基本的にポルトガル語なので、
他の曲だって意味なんてほとんど分からないのですが、
なにしろこの曲はところどころで何度も

「マシュケナダ!」

と言っているので、そりゃ一体何だろうとなるのです。


しかもいろいろな訳がされています。
一体どれが正しいのでしょう。

スポンサーリンク


なまったポルトガル語なんです


マ・シュケ・ナダは「Mas Que Nada」、
正しい発音だとマスケナーダとなります。


日本語だと「おい、どうしたんだ」とか、
そんな感じのニュアンスで、
意味があるような、ないような、
どちらかというと掛け声に近いですね。

この曲名に何か特別な意味を期待していたら
がっかりしてしまいそうです。


よく間違われるのが
マ・シュケ・ナダの発音から「Mais Que Nada」、
と思われるもの。

これだと意味は「もっと、どんどん」といった風になり、
なんか違いますよね。


それから
スペイン語だと「Más Que Nada」は「最高」
という意味なので、このように訳されてしまうこともあるようです。

たしかに「おい、どうした」よりは
「最高!」で始まるほうが歌としては綺麗ですからね。


このような誤解を生んだ原因は
「Mas Que Nada」をマシュケナダと読むのは
かなり無理があるというか、なまった発音だからのようです。

これは最初に歌ったジョルジ・ベン
そのような歌い方をする人だったからのようですが、
それにしてもややこしいなあ。


歌詞も「どいてくれ! おれはサンバが踊りたいんだ」
といったぐらいの意味で、

同じボサノバの名曲である
トリステーザやイパネマの娘の哀愁ただようものとは大分違いますが、
これはこれで単純明快でいいですね。


原作者は?


この曲は女性コーラスが
「マ! シュケナ~ダ」というところから始まる
アレンジが有名すぎて、ほとんど定番になっていますが、

これはセルジオ・メンデスによるもの。


もちろん大ヒットしただけあって、
とても心地よい名曲になっていますが、
オリジナルが誰のものかも気になりますよね。


で、それが誰のものかといいますと
先ほども述べました
ジョルジ・ベンが歌っている曲がオリジナルです。


セルジオ・メンデスの女性コーラスの後に聴くと、まあ渋いです。
ボサノヴァというよりも、ジャズに近い雰囲気ですね。
しかし聴いてみる価値はあると思います。

歌声がとても魅力的で
さすがボサノバ定番の名曲を作った人だけあって、
凄い人なんだな、と思いました。


同時にこのオリジナルからあのアレンジをした
セルジオ・メンデスも凄いなー、とも思います。


聴いている年代も幅広い名曲ですし、
違いを比べるのも面白いので
ぜひ両方のバージョンを聴いてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

価格.com 自動車保険

“ボサノバ定番の名曲マシュケナダ、意味とオリジナルの作曲者は?” への2件のフィードバック

  1. たぬき より:

    マシュケナダはボサノバと言うよりは、サンバロックと言う方が良いかも?
    テンポ的にもノリ的にもボサノバと言うよりはストレートなロック的な要素を含んだサンバです。
    演者もだいたいそんな感じで演奏しています?

    • はつかり より:

      たぬきさん、コメントありがとうございます。

      確かにそうですね。

      この曲を最初に知ったのがボサノバのCDだったので
      ずっとボサノバと思っていたのですが、
      マシュケナダは他の曲と比べると
      明らかに曲調が違うので、少々違和感を感じていました。

      サンバロックと言われると、なるほどと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ