幼稚園、保育園の学級閉鎖基準はあてにならない?

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

学級閉鎖といえば、
なんとなく小学校を連想するかもしれませんが、
中学校や高校にはあるのでしょうか?


もちろん中学校や高校でも
インフルエンザやノロウィルスなどが流行れば
学級閉鎖は行われます

同じ学校なんですから
これはまあ、当然といえばそうですね。


では幼稚園は保育園ではどうなのでしょう

小さいお子様の病気は深刻な事態に陥りやすいですし、
気になるところですね。

しかしそのわりに小学校などと比べて
基準がはっきりしないようです。


伝染する病気が流行りだした場合、
こういった施設ではどのような対応がされるのか、
あらかじめ知っておいたほうが慌てないで済みそうです。

スポンサーリンク


幼稚園にはあって、保育園にはない


結論を述べると、
幼稚園でも欠席者が多い時は
学級閉鎖は行われます

一方で保育園では実施しないところが多いようです。


どちらも子供が集まるところなのに何故?
と思いそうですが、
両者の成り立ちを考えれば、

幼稚園は教育が目的、
つまり学校と同じなので学級閉鎖をする

保育園は親が働いているなどの理由で、
子供の面倒を見れない時間、預かってくれる場所、
なので学級閉鎖されると親が困る

という違いが理由のようです。

基本的にはこのようになっていますが、
実際にインフルエンザなどが流行った場合、
通わせるのが心配になるかもしれません。


施設の対応はそこの人の判断による


幼稚園での学級閉鎖の基準は
一応あるようですが、
自治体によって違っていたりと、
学校よりあいまいなもののようです。

また、保育園も一般には実施されないとはいえ、
場合によっては学級閉鎖が行われた例もあります。

どちらの場合でも、
実施するかしないかは、
そこの施設の人たちが決めることになります。


まあ欠席者や病気の流行の状況や、
家庭や園側の事情もあることなので、
欠席人数といった数字の基準だけで決められるよりは
まっとうだと思いますが、

人が決める以上、
あなたが学級閉鎖を望んでいるにも関わらず
実施されなかったり、
その逆の事態も起こりうるわけです。

スポンサーリンク


なので各家庭での対策が重要


幼稚園や保育園の対応がおかしいんじゃないか、
と思った場合は
他の親たちと相談したりして
要望を出すなりする必要があるわけですが、

そもそも判断の基準がなかったり、
あってもあいまなものである以上、
親同士でも意見が違ったりすることも考えられますし、
だれの意見が正しいのか分からなくなるかもしれませんね。


もちろん、しっかりと意見を述べて
要望を通すのも大事なことですが、
何より一番大事なことは
子供の健康でしょう


「インフルエンザが流行しているのに
学級閉鎖してくれなかったので
うちの子供が感染した、どうしてくれる!」

とあとで幼稚園や保育園に言うくらいなら、
いっそのこと自分の判断で休ませたほうがいいでしょう。

小学校とかと違って、義務教育でもないわけですし。
(反対に、行かせたいのに学級閉鎖された場合は
どうしようもありませんが)


幼稚園の場合はカリキュラムが遅れるなど、
いろいろな事情があって大変だとは思いますが、

やっぱり病気にならないのが一番ですし、
健康であればなんとかなると思うので
そういったことを考えて

大丈夫そうなら行かせる、
危なそうなら休ませる
決められればいいんじゃないかと思います。


しかしながら、保育園の場合、
親も仕事があるので、
そう簡単に休ませるわけにはいかないかもしれません。

なので健康管理は十分に気を付けてあげたいものですよね。

インフルエンザの予防については
こちらにも書いていますので
よかったらご覧になってください。
インフルエンザによる学級閉鎖の目安と予防


また、その他の学級閉鎖やインフルエンザに関連した記事は
こちらにもあります。ご参考になれば幸いです。

学級閉鎖になる欠席人数の基準

学級閉鎖中の外出、習い事は禁止? トラブルにならないための過ごし方

インフルエンザにマスクは効果あるのかないのか? 種類と選び方も大事

インフルエンザと学級閉鎖、どちらも出席停止?

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ