パスタにスプーンを使わない理由と使うわけ

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

「結局どっち?」

パスタを食べるときに
スプーンを使うか使わないか、
これはホントに意見が分かれるところです。


気軽に食べるのが持ち味のイタリアンで
あまり硬く考えるのはつまらないのものですが、

日本では、あまりにもいろいろな説が
飛び交ってしまっているので
もうちょっとはっきりとして欲しくもあります。


どちらが正しいとかは別にして、
パスタにスプーンを使う、使わないは
どういった理由で言われるようになったかは
知っておくといいでしょう。

スポンサーリンク


はじめに


パスタとはつまり、
スパゲッティーやマカロニなどのことですが、
もともとはイタリアの料理です。

ただ今では世界中で食べられていて
それぞれの国で、
独自のアレンジや文化ができつつあります。


特に日本はアメリカの影響も受けている一方で
最近は本場のイタリアを
意識したお店も増えています。


さらにおはしで食べるお店も出てきたりと
もはや混沌もしている状況。


そんな中、
「パスタはこの食べ方が正しい!」と
ひとつのマナーとして
スプーンを使うか使わないかを決めるのは
もはや無理があります。



状況や、お店のスタイルによって、
上手く合わせられるのがベストですね。

それをふまえて。


本場イタリアでは


パスタ発祥の国、イタリアでは
スプーンは基本的に使いません。



地域によって違いはあって、
使うこともなくはないようですが、
スプーンを使うのはちょっと恥ずかしいこと
みたいな感覚すらあります。

フォークだけで食べられないの?
みたいな感じのようですね。
あくまでイタリア人としての話ですよ。


これは意外に感じますね。
わたしたち日本人の感覚では、
パスタにはスプーンを使うほうが、
おしゃれなイメージがありますから。

もちろん日本はお箸の文化なので
イタリア人ほどフォークを上手に使えなくて当たり前、
外国人がお箸をうまく使えないのと似た感じですね。


したがって、わたしたち日本人が、
「スプーンを使うのは恥ずかしい」
とまで思わなくてもいいですが、

「使っているほうがかっこいい」
みたいな感じで得意になってしまうと、
とんだ勘違い、ということになりかねません。

イタリアに行くことはなくても、
日本でも、本格派のイタリアレストランでは
パスタにスプーンは使わないものとして
フォークだけ用意されることが多いです。



スプーンがあったって?

それはもしかすると
スープ用とか、魚用かもしれないので
注意してくださいね。

スープはもちろん、レストランでは魚に
フィッシュスプーンというものが
ナイフの代わりに用意されることが多いです。

もちろんパスタがスープ仕立ての場合は
スプーンが用意されます。

なんだかややこしいと感じるかもしれませんが、
まあ、間違えて使ってしまっても、
日本ではパスタにスプーンを使うのは
広く知れわたっているので、まず大丈夫です。



用意されていなかった場合でも
頼めばほとんどの場合、
スプーンを持ってきてもらえます。


ただ頼むのは問題ないとしても
レストランでは、このような理由で
意図的にはじめからは用意していないので、

「スパゲッティーにスプーンがないなんて
サービスに手を抜いている!」
みたいな感じで、怒ってもしょうがないです。


でもアメリカでは使っていた


それではイタリアでは
パスタにスプーンは使わないのに
なぜ日本では使うようになったのでしょうか。

これはハッキリ分からないのですが、
おそらくアメリカの影響のようです。

スパゲッティが日本で広まったのは
1930年以降ですが、
ミートソースをフォークとスプーンを使う
スタイルが真似されてました。


イタリアでは使わないスプーンを
アメリカ人が使うようになったのは
単にそのほうが食べやすかったから、


つまり、合理的な理由からなのですが、
アメリカ影響を強く受けた
当時の日本ではおしゃれな食べ方として
知られるようになりました。


スポンサーリンク


日本では


それでは今、日本では
どうなっているのかというと
最初に述べた通り、いろいろな説が飛び交って
マナーとして確立されていません。



多くの店ではフォークとスプーン両方置かれていますが、
スプーンを使うべき
と推奨している店はごく一部で

ほとんどの場合
「もうよく分かんないから好きなもの使ってよ」
見たいに、客側に判断をゆだねている感じです。
お箸まで一緒に入っていたりしますからね。


強いて言うならば
本式イタリアンや高級店など
イタリア本来の味を大事にするお店では
パスタにスプーンは使わない、


醤油を使ったソースやモチモチ麺など、
日本独自のアレンジを積極的に取り入れるお店
大衆的なパスタ専門などでは
スプーンを使う傾向があるようです。



結局どうすればいい


このような状況なので、
パスタにスプーンは使うのも
使わないのも自由と考えてよいです。



ただ、こだわりがないのなら
フォークだけで食べられるほうがいいと思います。


なぜなら、パスタにフォークしか出てこないお店でも
いちいち人を呼んで持ってきてもらわなくても済みますし、
スプーンを使わないで食べられるようになっていれば、
使った食べ方も比較的簡単に出来るからです。


最初に述べたように、イタリア料理は
気軽に食べられるのが持ち味なので
そこまでマナーにうるさいものではないのですが

ごく一部ですが、
スプーンを使う、あるいは使わないことを
必ず守るべきマナーと考える人もいます。


私としては将来的にどうなるかはともかく
今の日本の状況でそんなことを押し付けるような人、
またはお店で食事をするのは願い下げたいですが、

仕事などで避けられない場合に
両方の食べ方が出来るようになるっていると
余計な口論などを避けることができます。



パスタにスプーンを使わないで
フォークだけで食べる場合に一番困るのが

  • 巻く時にスパゲッティがどんどん付いてきて
    大きなボール状になる
  • ソースがはねやすい

というものですが、
これはフォークを縦に突き刺すように入れ
そのままグルグル巻くとそうなります。

ご飯をすくうように少量の麺をすくい上げ
それをお皿の隅をスプーンの代わりにして巻く、

あるいは端のほうの麺を
ほんのちょっとだけ巻くようにすると
上手くできます。

コツとしては、予想以上に麺がついてくるので
最初に取る量は、ちょっと少なすぎるんじゃないのか
というくらい抑えめの量にすること、


ソースのはね防止には
あまり高々とすくい上げず
横に引っ張りながら巻くようにすることです。


最初は非常に面倒に感じますが
慣れるとスプーンを使わないでも
まったく不便を感じないようになります。



まあ実際にはパスタをフォークだけで
食べないといけない場面はほとんどないので
無理に覚える必要はないのですが、

ブームになっているイタリア料理が
今後、定着するとフォークだけで食べるのが
主流になる可能性もあります。

そうでなかったとしても
出来るに越したことはないので
気が向いたら挑戦してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

価格.com 自動車保険

コメントを残す

このページの先頭へ