鳩の鳴き声はクルックーかポッポか,意味についても少し

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

かなり以前の話ですが、
友達がハトの鳴き声を「クルックー」と表現しておりました。

何となく雰囲気は分かるのですが、私は違和感を覚えます。
なぜなら、

「鳩といえばポッポッポ!」


歌でそう習ったではありませんか。
「クルックー」ってなんですか。


その場で大激論を繰り広げてもよかったのですが、
なんというか、大人げない議題なのでそのままに。


それに実際に鳩の鳴き声を聞いたというより、
童謡からそう思っているだけですからね。

熊に出会ったら歌を歌うぐらい
無茶苦茶なものがある童謡をもとに、
議論をするのは大変危険なわけです。


しかし「クルックー」と「ポッポ」はまるで違います。


そこで鳩の鳴き声はどちらなのか、
また、何か意味があって鳴いているのか。

この大問題に決着をつけるべく調べてみました。

スポンサーリンク


種類による違いでした


まずは、こちらをご覧ください。



これは「クルックー」ですね。
公園など、どこでも見かける鳩です。
そういえばハトがうじゃうじゃいるときに
ふっと聞こえることのある鳴き声です。かわいい。

こう鳴くのは「ドバト」という鳩で、
そのへんをうろうろしている、おなじみのハトです。
たまに繁華街の駅なんかでも見かけますね。
休日の公園などで見かけると、とても平和な気分になります。
さすが平和の象徴。


でも鳴き声は「ポッポ」じゃないの?
じゃなんで「ハトポッポ」なんて歌があるの?


と思ったらこちらの鳩はこのように鳴いています。



後半部分は「ポッポー」といった鳴き声ですね。

前半も含めると、どう表わしていいのやら、良く分かりません。
「デーデーポッポ」「デューデューポッポ」
「ドードーポッポ」「ポーポーポッポ」など?

人によって表現が違いそうです。
こっちのほうが議論になりそうです。


このような鳴き声をするのは「キジバト」
こちらもよく見かけますが、ドバトに比べ、少し田舎志向。
うちは近くに山があるためか、よくいます。


その声は独特のミステリアスな雰囲気があり、
人によっては不気味に感じる人もいるようです。
朝にベランダなどで鳴いて住人を困らせたりします。

私はこの鳴き声を特に嫌いではありませんが、
昼寝しているときなんかに聞こえると、
異世界の門が開いたような、不思議な気分になります。

あと気だるい気分になって、出かけるのが少し遅れる。


それはともかく、
鳴き声の違いは、鳩の種類によるものなんですね。


ハトは口をあけて「ピヨピヨ!」みたいな
分かりやすい鳴き方をせず、胸をふくらませるだけなので、
公園でドバトの群れに囲まれているとき「クルックー」と聞こえても
どれが鳴いたのか分かりにくいです。


キジバトも同様で、声が聞こえて、姿が見えていも
口も動かさずじっとしてるので

「いま鳴いたの、だれ?」
となります。そして知らん顔されます。
なんだかおちょくられている気分です。

どういった意味があってこのよう鳴き声をするのでしょうか。


スポンサーリンク


鳴くのはこのような理由で


鳩の鳴き声は求愛の意味があります。
繁殖期は春から秋にかけてが中心ですが、ほぼ一年中。

時間も朝から晩まで1日中鳴きよるので、
公園のドバトならともかく、
キジバトがベランダで鳴かれるようなケースでは困りますね。


また、自分のなわばりを主張する意味もあります。
鳩は子育ての場所など、一度気に入ったらそこにこだわるので
なわばりは大事なんでしょう。

ほかにも威嚇するとき「プップッ」とした声を出したり、
巣を作る場所を見つけたときも鳴いたりするようですが、
「求愛」「威嚇」が鳴き声の意味であることが多いようです。



鳩はとても身近な鳥なので、
一度は鳴き声を聞いたことはあるとは思いますが、
聞いてもそれが何の声なのか分からなかったりします。
私もそうでした。


のんびりとエサをあげたり、平和の象徴だったりする反面、
マンションなどではうるさくて迷惑な害鳥だったりと
出会い方によってイメージが大きく変わる鳥ですね。

でも鳴き声の意味を知るのは面白いですし、
対策をとらなければいけないような場合にも役立ちそうです。


ただ鳩が好きな方でもベランダなどによってきた場合は
心を鬼にしてでも、追い出したほうがいいです。
居つかれるとかなりやっかいです。


あとハトについてはこちらの記事でも述べています。
よろしければご覧ください。
日本の鳩の種類についてはこちら

やはり日本ではほとんど上記の2種類のようですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ