AndoridとiPnone,機種変更はどっちがいい?これだけは確認しよう

パソコンなら「とりあえずWindows」、
タブレットなら「まあiPad」、

ではスマホは?「アイ…ドロ…フォン?」どっちだよ!


まあ最近はタブレットもいろいろ迷うのですが
そもそもあれって、ほら、
なくても生活できるじゃないですか。

スマートフォンは、「携帯電話」ですから
ほぼ生活必需品となっていますよね。



なのでフューチャーフォン(ガラケーのことね)にもどす!
とか言わないかぎり、
わたしたちはアンドロイドかアイフォンのどっちかを、
選ばないといけません。



一昔前だとiPhoneが一番だったのですが、
Androidが劇的進化した今、まさに一長一短。
よいことですが、迷います。

ショートケーキしかなかったらそれで満足なのに
そこにチーズケーキが加わったために、どっちか我慢、
こんな感じのストレスが出てきます。


でも選択肢が増えるのは、いいことですよね!
最近どちらも似てきているとはいえ、
基本的な違いは今でも変わっていません。


あまり細かいところまでツッこんでいくと大変なので、
AndriodとiPnoneの違いについて、
機種変更するとき、これだけは知っておいたほうがいいだろう
という点をまとめました。


スポンサーリンク


前提として


以前はAndroidは不具合が多くてすぐ止まる、
機種選びを間違うととんでもない目に遭う、

対するiPhoneは完成度は高いがパソコンがないと使えない、
ソフトバンクじゃないと使えない。

どこかしら問題があったのですが現在はそんなこともなく、
よほどハズレ端末でも引かない限り、快適に使えます。


なので
「アイフォンこそ最先端、アンドロイドはイモ!」とか
「Androidを使いこなしてこそ漢じゃ! iPhoneはタコ」
といった

イメージや先入観にとらわれず、どっちがよいか、
自分に合ったものに機種変更するのをおすすめします



それをふまえて。


両者のメリット


Androidはグーグルが作ったシステムですが、
端末はソニーやサムスンなど、
いろいろなところが作っています。

さまざまな機能を追加されているのがよいところ。


具体的には
・おサイフケータイがある
・ワンセグ・フルセグがある
・microSDカードが使える
・防水、防塵機能がある
・赤外線通信も使える


全体として物理的、ハード的な部分で優れていて、
iPhoneでは追加機器を購入でもしないかぎり
真似できないようなものばかりです。

これらの機能をよく使う人にはアンドロイド一択でしょう。


ただしすべての端末にこれらの機能があるわけではないので
機種変更の前に欲しい機能があるか、確認が必要です。


あとは端末の種類が豊富なので、
画面がキレイ、カメラが良い、頑丈など
好みにあったものを選べるのも嬉しいところですね。

以前はバッテリーの減りが速かったのですが
最近は大容量化して改善されてきてます。


自由に端末を選び、自分でカスタマイズもしやすい。
好きな使い方をしていくのがアンドロイドの醍醐味です。

Android「我々は君たちに自由を約束する」
いいですねー。



一方のiPhoneですが、
アップルのiOSというシステムを搭載、
端末本体も自社のみで販売、

外身と中身を同じ会社が作っているため
トラブルが少なく、安定して使えます。



アンドロイドにくらべて良い点は
・iTunesとの連携が優秀
・画面や操作がシンプルで覚えやすい
・ケースなど、アクセサリーが豊富
・持っている人が多いのでトラブルの相談がしやすい
・セキュリティ面で強い


こちらは初めての人、機械が苦手な人にやさしいといえます。

とくにセキュリティ面に関しては
スマホのマルウェア(ウィルスなど)といった
わけのわからない脅威に強いのが嬉しいかぎりですね。


もともと一部のマニアしか使わなかった、ややこしいスマートフォンを
一般ユーザーでも簡単に操作できるように進化させたのは
スティーブ・ジョブズ時代のアップル
です。

iPhone「我々に任せたまえ、新しい体験を提供しよう」
素晴らしい!


デメリットも・・・


一方で、年々弱点は減ってきていますが
相変わらずだなー、というころもあります。


まずAndroidは機種が豊富ですが、
それぞれで多少なりとも使い勝手が変わってしまいます。

それどころか
使おうと思っていたアプリが機種変更したら動かないことも。

多くの場合、同じような機能のアプリでカバーできますが、
調べるのは大変ですし、どうしようもない場合もあります。


また、アプリの規制が緩いためカスタマイズ性は高いかわりに
個人情報を抜き取るようなとんでもないアプリがあったりもします。

実際にひどい目にあう確率は低いのですが
使い勝手が自由な反面、こういった問題も意識する必要があります。


Android「自由を提供することが我々の仕事、
あとは君たちの責任で解決する問題だ」
みたいな感じ。
そりゃないですよ、自由には責任が伴うということかな。



iPhoneはアプリの審査が厳しいため
おかしなものは少ないですが、かわりに便利なアプリまで
アップルのさじ加減ひとつで却下されることも。


以前はバッテリーの減りが少なくて長持ちしましたが
最近はAndroidのバッテリー大容量化によって
この利点もなくなりつつあります。

またワンセグ、防水、おサイフケータイ非対応、
microSDカードもさせないため、動画をたくさん保存するには
はじめから高額な大容量のモデルにする必要があります。

こんなのAndroidでは考えられない!


iPhone「なにが必要かは我々が決める、
君たちユーザーはそれに合わせた使い方をすればよい」

きいいっ、なんか腹立つ! くやしい。


スポンサーリンク


乗り換える時はココに注意


たいていの場合、
どちらかを選ぶとそのまま持ち続けることになりますが

・アイフォンが欲しいけどドコモなのでしぶしぶアンドロイド。
・ホントはAndroidが欲しかったけど安かったからついiPhone。

といった選び方をした場合、
機種変更で本来欲しかったものに乗り換えることもありますよね。


この場合、使い勝手が変わるのも大変ですが、
それ以上に問題になるのがデータ移行。


iPhone→Androidの場合、iTunesとの連携が取れない。
音楽などはなんとかなりますが、プレイリストは作り直し。
Android→iPhoneの場合、microSDカードが使えない。
ちょっと途方に暮れそうです。

Android & iPhone「我々は去ってゆく者の面倒は見ない」
うるせーよ!


解決策としては
・DropBoxなどのクラウドストレージを使う。
・JSバックアップといったバックアップアプリを使う
・別途iOS(iPhoneのOS)用のカードリーダーを買う


といったもの。どれもめんどくさそー。
出来ることは出来るのですが、ちょっと頑張らないといけませんね。


私の所見と結論


スマホを初めて持った時、なにをどうしていいのやら分からず
イライラムカムカした人も多いはず。

アンドロイドにしろアイフォンにしろ
すでに慣れたものを機種変更してもう一方にする場合、
この苦労をもう一度体験することになります。


なので
「おサイフケータイないと絶対やだ」
「現場作業なので防水が必要」
「どうしてもiPhoneを持ってみたい」


など、
明確な目的がない限り、
むやみに変えるのはおすすめしません。



「なんとなく、iPhone」
「ちょっと安い機種があったからAndroidにしてみた」
といったフワフワとした理由でかえてしまうと
いざトラブルに見舞われたとき

「ちくしょう、やめときゃよかった!」
と後悔の念にかられます。


もちろん、はっきりと変えたい理由があるのなら
おそれずに変えて、新しい体験を楽しみましょう。


変えた直後は大変ですが、慣れるまでの苦労ですからね。

不満を抱えたまま、無理に同じものを使い続けるよりも
ずっといいでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ