冬の星座はオリオン座と冬の大三角形から!はじめての星空案内

冬はつとめて、といいますが、
天体観測が好きな人にとって、冬はなんといっても星空です。

まあ、好きな人にとっては春も夏も秋も星空なんですが。
でも冬は、特に星が綺麗ですからね。


もし、夜空を見て、
「わあ、きれい!」と思うものの
星座は分からない、
というのであれば

この記事をご覧になって、少しだけ星のことを知ると、
より空を眺めるのが楽しくなるでしょう。


一気に星座を覚えるのは、
試験の暗記みたいで興ざめですので、
最初は、ほんのちょっとだけ。

一番見つけやすいオリオン座と、冬の大三角形について、
それから冬の星座を眺める時の注意点について、ご説明いたします。

スポンサーリンク


おでかけ前に注意すること

冬の星空は
・明るい星がたくさんある
・空気が乾燥して澄んでいる
・夜が長く、早い時間から暗い


と、星を見るにはうってつけなのですが、
唯一にして最大の問題が

寒い!

ということ。


いや、冬が寒いのは当たり前ですよ。分かっています。
でも、夜空を見ているときの寒さはまた格別なんですね。

なぜなら私たちは寒いとき、自然と速歩きしていますよね。
駅に行くときとか。

あれはそれなりにあったまっているのです。


しかし星座を見ているときは、
じいいいいっっっっと立ってますからね。しかも夜に。
しんしんと冷え込んできます。

ホントに風邪ひきそうになります。
というか、ひいたことあります。


冬の星座を見るときは

これでもか! っていうくらい
着ぶくれしてるよ! っていうくらい
やりすぎだよ! って笑われるくらい

しっかり着込んでいきましょう。
それくらいでちょうどいいです。


なんといってもオリオン座


星座なんて知らん! という人でも、
これは知っている人も多いでしょう。
狩人オリオンの星座です。

南に浮かぶ、よっつの星の四角と、その中の三ツ星、
ツヅミのような、リボンのような形をした星座ですね。
まずはこれを見つけます。


オリオン座は冬場だと、
だいたいどっかに浮かんでいますが
一応、真南近くに来る時間を書いておきます。

12月 夜12時ごろ
1月 夜10時ごろ
2月 夜8時ごろ


上記のとおり、季節によって場所が変わりますが
早い時間だと東、遅いと西に移動しているのは
太陽や月と同様です。

まあ、そこまで深く考えなくても
オリオン座は目立つので見つかるとは思います。


この星座には一等星がふたつあり、
左上と右下の星がそうです。

左上の星がベテルギウス、右下の星がリゲル、
明るい星の多いオリオン座のなかでも、
とくに目立っています。

よく見ると、ベテルギウスはちょっと赤っぽいですね。
リゲルは青っぽい。対照的です。


スポンサーリンク


次に大三角を


オリオン座が見つかりましたら、
お次は冬の大三角形です。

これがすぐに見つかるようになると
冬の星座の位置関係がなんとな~く分かりやすくなります。


オリオン座の下、真下よりやや左の方に
やたらとギラギラとした星があると思います。
これはおおいぬ座のシリウスという星です。

みつからない?
それはたぶん雲かなにかに隠れています。
晴れているとすぐに分かるくらい明るい星です。

ただし少し低い位置にあって建物などに隠れやすいので、
そこだけ注意してくださいね。


さて、このシリウスと
先ほどのオリオン座のふたつの一等星のうち左上のほう、
ベテルギウスを線で結んでやります。

そして、この結んだ線のさらに左上、
ちょうど正三角形ができるような場所に白い星があります。
これがこいぬ座のプロキオン

そしてこの三角形が「冬の大三角形」です。


プロキオンは、シリウスほどではないですが、
やはり明るい星です。

ベテルギウスとシリウスを見つけた後なら
簡単にみつかるでしょう。


まわりにも綺麗な星がたくさん


うまく見つかりましたでしょうか。


オリオン座と冬の大三角形はとても目立つので、
そんなにむつかしくはないと思います。

日々、冬の星座を眺めていると、
一瞬で分かるようになります。


もし、どうしても見つからない場合は
・天気が悪い
・都会すぎる(空が明るい)
・実は夏だった


など、冬の星座そのものが見られない状態かもしれませんので
場所を変えるか、天気が良くなるのを待つか、
冬になるのを待つかしましょう。


一度見つけると、意識しなくても目に付くようになります。


秋の夜更けの東の空にオリオン座を見つけて
「ああもうそんな季節か」とか、

夕暮れ時に、西に沈む冬の大三角形をみて
「春だなあ」など、
これで季節を感じられるようになれば
一人前(?)です。


また、オリオン座と冬の大三角形の北側には
明るい星がたくさん広がっています。

これらはおうし座、ふたご座、ぎょしゃ座などの星々です。
どれも魅力的な星座です。
冬のダイヤモンドというのもあります。

これらも機会があれば、ご説明しますね。


なお、1月、2月の明け方になると、東の空に春の星座も見えます。

春の星座は北斗七星、春の大曲線からさがす。はじめての星空案内
もし機会があれば、こちらを参考に見つけてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ