北枕で寝ると健康に良いのか

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

古くから縁起の悪いと言われていたけど
風水では良いと言われる北枕。

どっちなの?

まあ、縁起や風水は
信じるか信じないかによる部分がありますが
それ以上に気になるのは体への影響です。

そこで、今回は北枕で寝ることの健康効果と
その理由についてです。



あと良く言われる地磁気って何なの?

なんかよく言われているから
「ふーん」と聞いていましたが
よく考えると、よく分からないものなので
そのあたりについても述べていきたいと思います。


スポンサーリンク


健康に良い理由


北枕で寝る効果でよく言われるのが

  • 健康に良い
  • 金運アップ
  • 恋愛成就

このうち、もっともよく言われて
信憑性がありそうなのが健康に良いというもの。


ではなぜ体に良いかというと
冒頭で述べたように、
地磁気による影響が大きいとされています。


これは本当によく聞きますよね。

よく聞くんですけど、
「じゃ、地磁気って何?」

というのは、あまり説明されていないというか、
それを聞くと、なんだか疑っているみたいで
どうも聞きにくいというか、
とにかくよく分からないものです。

で、北枕で寝るどう効果を及ぼすのかについて。


地磁気の影響とは


地磁気とは一言でいうと地球の磁力です。

小学校の理科の授業で習ったので
覚えている人は多いと思いますが、

地球は北極がS極、南極がN極になっている
大きな磁石のようなものです。


私たちは寝る時、この巨大な磁石に
乗っかっているような形になるんですね。


まあ、磁力といっても
小さな方位磁石がくるくる回る程度のものですから
それほど強いものではないのですが、
それでも毎日、体を地磁気が通っていることになります。


それで、北半球では北から南に流れているので
北枕で寝ると、地磁気が頭から足に通ることになり
血流を良くして健康に良い効果を及ぼすのです。


磁力が血流に効果があるのは
ピップエレキバンが磁石の力を使っていたりするので
確かに効果がありそうです。


ただ、本当に本当? と聞かれると、
ちょっと漠然とした気分になるかもしれません。

だってよく分からないじゃないですか、
磁石が体にいいのかなんて。

実際はどうなのでしょう。

スポンサーリンク


効果に疑問を投げかける人も


血液は鉄分が含まれているので
地磁気などの磁力に反応するのは
いかにもって感じではありますが、
人体の鉄分は磁力に反応しないという説も。

先述のピップエレキバンも、
効果が完全に証明されたわけではないのです。


これはちょっと、ええーって話です。
地磁気と人体の効果について調べていたら
まさかピップエレキバンに疑惑があがるなんて。



地磁気はあれですよ、何も北枕で寝る人のために
地球は磁石になったわけではないですから
まあ、しょうがないです。
地球さんは「知らんがな!」でいいでしょう。

しかしピップエレキバンは、人間が、
「血流を促す」って販売しているものでしょ。
それが効果ないなんて、どうよ?


…と、思ったのですが
「効果がない」と証明されたかというと
これまた違うそうで、

科学的には証明されていはいないが
「効いたという人がいる」から効能がある

とされているようです。

地磁気もしかり。

ついでに言えば、日本では北枕で寝る場合でも
正確に頭から足に流れるというわけではなく、
ちょっとこう、ナナメから体に入ってくるような
感じになります。


なんだかひどく頼りない気がしてきますね。
どうしたものでしょう。


試してみるのが一番


とはいえ、

北枕で寝ると寝つきが良くなった、
グッスリ寝られた。
さらには良い出会いまであった。


と、効果を実感している人がいるのも事実。

科学で証明されていないからウソだ!
信じない! というのもちょっと寂しい気がします。


やはり、自分で実際に試すのが一番でしょう。
効果があってもなくても
北枕で寝ると害があるわけでなし。

縁起が悪い?

いえいえ、これはどうも違うようですよ。
縁起が悪くない理由はこちら


それに、北枕で寝ると日当たりのよい南に足が来るので
頭寒足熱になって良いという話もあります。
風水と寝る方角についてはこちら

風水では南枕は感情的になりすぎるとされていますが
これも日当たりの良い南に頭をおいて
顔に日光を浴びるとカッカしそうな気もするので
あながち根拠のない話ではない気もします。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ