ダージリンのファーストフラッシュは薄い?淹れ方で変わる?

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

「春摘みの、この時期だけの新鮮な茶葉」

こんなフレーズには惹かれるものがありませんか?
私だけかな。みんなそうだと信じたいのですが。

で、こういううたい文句につられて
ダージリンのファーストフラッシュをホイホイ買って
何も考えずに適当な淹れ方で飲むと、

「うっすー!!」

となります。

これは紅茶、とりわけダージリンが好きな人が
本格茶葉に乗り出した時、いつかは行きあたる通過儀礼です。
私だけかな。

のちのち知ったのですが、
このファーストフラッシュ、ダージリンといっても
一般によく飲まれているのはとまるで違うんですね。


安物の茶葉ならまだしも、
それなりの値段がしたものだったら
「なぜ? 淹れ方でもまちがった?」
とか思うのですが、

美味しい淹れ方、飲み方はどういったものなのでしょうか?

スポンサーリンク


このような飲み方を


ダージリンには主に3つのシーズン(時期)があります。

  • ファーストフラッシュ(春摘み茶葉)
  • セカンドフラッシュ(夏摘み茶葉)
  • オータムナル(秋摘み茶葉)


このうち一般に知られている紅茶としてのダージリンは
セカンドフラッシュとオータムナル。

ストレートティ、もしくはミルクティでも楽しめます。

しかしファーストフラッシュはまったく味わいが違います。
違うというか、味、あんまりない。
その代わり、香りが抜群によいのです。


ミルクティのような濃厚な風味とかは全く無縁で、
そういうものを期待しても
「なんかお湯っぽい」となるのですね。

こういうお茶に出会った時、
大量に茶葉をいれて、かきまぜまくって味を出す
という暴挙に出たくなるものですが、

そんなことをしても無駄で、美味しい紅茶は出来ません。


ダージリン、ファーストフラッシュの美味しい淹れ方は
その素晴らしい香りを引き出してあげるのがいいのです。


  • お湯っは沸騰直前で、沸かしすぎたり作り置きのお湯はダメ
    お水になるべく空気を含ませるのがコツで、
    なんなら(茶葉を入れる前に)強引に振ったりしてするのもアリ。

  • 茶葉を先に入れ、勢いよく注ぐ
    ポットの中で茶葉が動き回る(ジャンピング)が理想。

  • 茶葉が細かいなら3分程度、大きければ5~6分蒸らす
    粉末に近い細かさだと短く、葉っぱの形が残っているような大きさだと長めです。


ようは普通の紅茶の淹れ方とおんなじということですね。

ダージリンのファーストフラッシュは香りが命の紅茶なので、
これらをちゃんとやらないと、味も軽いうえに香りもいまいちという
本当に「お湯みたい」になってしまうのです。


物足りないと感じたら


軽い味が特徴のダージリンファーストフラッシュで、
無理に濃くしようと思ってもダメです。

しかし、あまりにも飲みごたえがないと思ったら

  • 茶葉を少しだけ増やす
  • お湯を熱め、熱湯で淹れる
  • 抽出時間を長めにする

茶葉を増やしすぎるより、
熱いお湯でゆっくり蒸らす、という淹れ方だと
美味しい味になりやすいです。


このあたりは好みも出てきますので
いろいろ試すといいでしょう。


スポンサーリンク


なぜこんなに軽いの?


紅茶は茶葉が発酵して出来上がります。
発酵していなければ、緑茶となります。


ダージリンのファーストフラッシュは
出来立ての、あまり発酵が進んでいない状態で出荷されるので
茶葉も緑っぽく、緑茶に近い感じです。

なのでミルクを入れても合いませんし、
そんなことをしたら台なしで、単に薄いミルクのようになります。


この茶葉の醍醐味は
丁寧な淹れ方をして香りを引き出し
その香りを楽しむといった飲み方です。


日本人好み?


時期もので、春の一番摘みの
ダージリンのファーストフラッシュは
日本で人気があるようですね。

確かに、新しいもの好きで話題好き
繊細な香りと味わい分かる、
わびさびの心を持った日本人に向いた紅茶と言えそうです。



普通の紅茶として飲むとあっさりしすぎているかもしれませんが、
緑茶のような感覚で飲むと、またちがった風味を感じられるでしょう。

美味しい淹れ方をして、
ハーブティーやフレーバーティーのような感じで
ゆったりとした気分で香りを楽しむといいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ