路面凍結や降雪時、スタッドレスタイヤがなかったら?

ピックアップ記事!【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

冬のドライブは、外がどんなに寒くても、
車内は暖房を入れれば快適でいいものです。

しかしながら路面凍結していたり雪が降っていると
一気に緊張が走ります


普段、道が凍るほど寒くならない地方に住んでいる人は
どのくらいの気候、どんな場所で路面凍結するのか、
感覚として分からないかもしれません。

今回は、これらのことで、
最低限知っておきたいことについてです。

スポンサーリンク


冬用装備は不可欠


まず、大前提として、
路面凍結時や雪が積もっている道を走るには、
スタッドレスタイヤ、チェーンなど、
冬用の装備が必要です。


ノーマルタイヤではまともに走行することは困難です。
良くて立ち往生、事故につながる可能性も非常に高いです。


スタッドレスタイヤは
浅く積もった雪道を通ることは可能ですが、
大雪で深いところにはまると
動けなくなることもあります。

「スタッドレスタイヤをしているから安心」
と考えてしまう人もいますが
過剰にたよるのは禁物です。

こういった場合、
タイヤにチェーンを巻く必要があります。

そして、
速度は充分に落とすのが鉄則です。

路面凍結や、雪が一度溶けかかって氷になっているような場合、
さらにスリップしやすいので要注意です。


では、ノーマルタイヤしかない場合はどうするか?

スポンサーリンク



ノーマルタイヤしかなかったら?


ノーマルタイヤしかない場合、
路面凍結や積雪するような気候だと運転しない、
もしくはそういう道を通らないようにするしかありません。


ですが、ほとんど雪の降らないあたたかい地方に住んでいて、
数年に一度の大寒波がやってきた、なんて場合、

今日は路面凍結しているのか?
判断に迷いやすいです。


普段からそういう場面に慣れていて
スタッドレスタイヤを使っている人だと
感覚的に分かったりするのですけどね。


気温は目安。行き先の状況次第


路面凍結するかどうかは地面の温度によります

当然そのような時は気温も低いのですが、
気温が高くても地面は冷えていたり、
逆に氷点下の気温でも路面凍結するほど
地面が冷えていない場合もあります。


気温と地面の温度差は
大体3度から5度くらいと言われてますので、

・気温が5度以下だと路面凍結の可能性がある
・気温がマイナス3度以下だと路面凍結の可能性は高い

と言えそうです。

もちろん気温が5度以上あるからといって
絶対凍結していないという保証はないのですが
おおまかな目安としてはそうなるでしょう。


実際には気温5度で路面凍結、
なんてことはあんまりないのですが、
次のような状況では可能性は高まります。

・山など標高が高くて日陰の多いところ
・地熱が得られない橋の上
・風が強い日
・雨が降った後や雪が溶けかけたときなど

あとトンネルの出入り口やカーブの先が日陰の時など
急に状況が変わる場合も要注意ですね。


路面凍結時は体験したことがある人なら分かるかと思いますが
想像以上に滑りやすいので充分注意しましょう。

もちろんスタッドレスタイヤをつけるか
チェーンを備えておくのが一番です。

スポンサーリンク

おすすめ記事こちらも合わせてごらんください
・レビューしています→【2017年版】Amazonで買って生活がよくなった!面白くなった!と思ったもの

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

このページの先頭へ